戎邸 Work and Play+ ―築80年の古民家の改修―

Ebisu Tei Work and Play+ ―Renovation of 80 years old house―

View Website
戎邸の土間と杉板の縁側。正面に「しょいこ」がかけられている
土間から外の庭を見る.あわえによくみられる石塀が見える
土間のある玄関。左手に補強として追加した杉材による格子壁
土間に置いた杉幅はぎ材のテーブル
畳敷きの床を取り去ったあとの、土間と縁
土間と縁
古民家の和室を改修したデスクスペース
土間からデスクスペースへとつながる
2階の畳の間
改修前の内観写真

改修前内観

改修前の外観写真

改修前外観

徳島県美波町に建つ築80年の古民家をリノベーションし,サテライトオフィスの誘致の為のお試し利用や地域交流のための施設として再生するプロジェクト.同町を拠点とし、日本の地方活性化を試みる「株式会社あわえ」による、エリアリノベーション事業のひとつです.
「あわえ」と呼ばれる細い路地の奥に静かにたたずむこの家は,漁業・海運により発達した町の生活様式を色濃く残しています.改修は,そうした町や家が重ねてきた歴史を損ねることないまま, これからの新しい歴史が積み重ねられていく場所になることを目指しました.
床座の生活をベースとした畳敷きの床を掘り込み土間空間とすることで,椅子座のオフィスワークにも対応する天井高さを確保しました.その周りには、既存の構造体を活かした縁側を建物内外に連続するように設け、形式ばらない会議や食事、茶飲み話や飲み会の場など、様々な活動をサポートする設えとしています. 新しく生まれた土間をぐるりと囲む縁側が,町の人,外から訪れるサテライトオフィスの人々をつなぐ「縁」となることを目論んでいます.

  • 竣工2015.7
  • 事業主株式会社あわえ
  • 所在地徳島県海部郡美波町
  • 用途サテライトオフィス体験施設,
    地域交流促進施設
  • 床面積約120㎡
  • 写真カワグチテイ建築計画
  • date2015.7
  • clientAWAE Co.,Ltd.
  • locationMinami-cho, Tokushima
  • useOffice, Community space
  • floor area120㎡
  • photo Kawaguchi Tei Architects